美肌になるために

線維芽細胞で若々しい肌になろう

真皮に存在している線維芽細胞が活発に働くことによって、肌内部からハリや弾力、潤いのある肌を感じることができます。線維芽細胞は、このような肌のハリ、弾力、そして潤いのもととなるコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などを生み出しているのです。線維芽細胞が活発に働くことによって、みずみずしくて若々しい肌をキープすることが出来ます。
逆に、線維芽細胞が衰えてしまうと、シワやたるみの原因となってしまうのです。年齢を重ねたり、紫外線を長時間浴びてしまったりすると、線維芽細胞の数が減少したり、働きが衰えたりします。
そして、コラーゲンやエラスチンなどが生み出されなくなります。その結果、古くなったゴムのように弾力を失った真皮となり、表皮を支えきれなくなってしまいます。これが、シワやたるみの原因となるのです。
線維芽細胞は、若々しい肌を保つ重要なカギとなります。アンチエイジング化粧品には、ほとんどこの線維芽細胞の働きを活性化する成分が配合されています。

 

血管は肌に息吹を与える

肌も植物と同じように、肌を健やかに育むためには、栄養や酸素が重要です。
この栄養や酸素は、肌の内側に網目のように張り巡らされている血管の役目です。血管は、真皮に位置していて、深いところが太く、表皮に向かって上がってくるにつれて、細くなっていきます。
毛細血管とは、この細く派生している血管のことを言います。毛細血管には、
①栄養と酸素を運ぶ 
②二酸化炭素と老廃物を回収する 
のような2つの大きな役割を持っています。
細胞は、新鮮な酸素と栄養があることによって存在しています。そのため、血行不良になると、肌の隅々まで酸素や栄養が充分に行き届かなくなるうえに、老廃物も溜まってしまうので、その結果、肌がくすみ、乾燥するのです。また、
日頃、マッサージや運動が重要といわれている理由は、老廃物を含むリンパ液が、リンパ管から吸収されて常にリフレッシュされているからなのです。睡眠不足や喫煙、ストレスなどに囲まれている現代人は、血行が悪くなりやすいのです。なので、血流を促進するケアや生活習慣を見直すことが不可欠なのです。

 

肌に酸素と栄養を与えることでなめらか肌に

毛細血管を通じて、肌のすみずみまで栄養が運ばれるのですが、その際に、運ばれてくる栄養そのものが不足していれば、健やかな肌は維持することが出来ません。
過激なダイエットで栄養が偏ることも、吹き出物や肌荒れの原因になるのです。なので、肌に必要な栄養を適正量でバランスよくとることも大切です。
自分の食生活を見直すことが、本当のスキンケアともいえるでしょう。血液循環がよくなることで、自然と血色の良いバラ色の肌になり、美しい肌になることが出来るのです。
肌の潤いが失われると、バリア機能が低下し、肌荒れや老化の原因になるので、正しい保湿でトラブルに負けない肌土台をつくることが重要です。
しかし、今まで普通とされてきた化粧水をたっぷりとつける保湿は、一時的にしっとりとしても、時間が経つとすぐに乾燥してしまいます。つまり、その場限りの応急措置のようなものです。肌をきちんと潤すには、ただ単に水分を入れるのみの保湿ではなく、肌そのものを乾燥しにくい状態に導く根本ケアが不可欠なのです。

 

 

体全体をスリムに引き締めるボディエステや、フェイスエステ、部分エステなどは、口コミで人気のあるエステサロンを選ぶことが大切です。
自宅で本場のカニの味を!かに通販でカニのお取り寄せができます。
口コミで人気の脱毛サロンはここ!
ベルタプエラリアでバストアップ!

リンク

ジェイエステエタラビ脱毛サロン